はじめに

WordPress メディアライブラリーへメディアを登録する際に、以下の様な不便を感じた事はありませんか?

1.ファイルのサイズが大きすぎて登録できない。
2.日時を指定して登録できない。
3.フォルダー毎に登録できない。
4.カテゴリーを指定して登録できない。
5.Exif情報をメディアのキャプションに挿入して登録できない。
6.一定時間毎に登録できない。
7.コマンドラインで登録できない。

Media from FTP は、上記の事を補うために開発された WordPress プラグインです。
1-3 を可能にする機能は、標準で搭載されています。4-7 は、このサイトで販売しているアドオンで可能になります。

Media from FTP を導入してみましょう。あなたの時間をより有意義に使えるはずです。

使用方法

お手持ちのFTPソフトでサーバーの wp-content/uploads ディレクトリー以下に、メディアファイルをコピーしてください。Media from FTP で”検索&登録”をすると、メディアライブラリーに未登録のファイルが表示されます。メディアライブラリーに存在する同名のファイルは省かれます。ファイルを選択して、”登録”してください。以下のチュートリアル動画をご覧ください。

== チュートリアル動画 ==

== ライブデモ ==
アドオンを含むライブデモを用意しました。
ユーザー名: liveuser1
パスワード: live789user

主な機能と特徴

標準機能

Media from FTP
1.大きなサイズのファイルを登録できます。
2.タイムアウト無しで大量のファイルを登録できます。
3.日時を指定して登録できます。
4.ファイルの日時を読み取り、その日時で登録できます。
5.ファイルのExif 情報の日時を読み取り、その日時で登録できます。
6.フォルダー毎に登録できます。
7.履歴を作成できます。
8.正規表現により、検索ファイルを絞り込めます。
9.ファイルが大量過ぎる時は、ファイルの検索数を制限できます。

アドオンで対応

1.カテゴリーを指定して登録できます。
Media from FTP Add On Category

2.Exif情報をメディアのキャプションに挿入して登録できます。
Media from FTP Add On Exif

3.一定時間毎に登録できます。
Media from FTP Add On Wp Cron

4.コマンドラインで登録できます。
Media from FTP Add On Commandline

FAQ

インストール手順

  1. /wp-content/plugins/ディレクトリ以下にmedia-from-ftpディレクトリをアップロード。
  2. WordPress の「プラグイン」メニューからプラグインを有効化してください

ファイルが多すぎるため、サーバーエラーが表示されます。 「検索 & 登録」画面が表示されません。

  • Media from FTP 設定 -> その他 -> 検索ファイルの制限数
  • 数値を減らしてください。
  • Media from FTP 設定 ー> その他 ー> 実行時間
  • 秒数を増やしてください。
  • Media from FTP 検索 & 登録 -> 表示オプション -> ファイルの検索方法
  • 「指定したディレクトリのファイルのみを検索します。」をチェックしてください。

特定のファイルタイプが検索できません。

  • 各ファイルタイプにメディアライブラリで使用することができるMIMEタイプを追加したい場合は、Mime Types Plusを使用してください。

a-b-0x0.jpgの様な名前のファイルを検索できません。

  • Media from FTP 検索&登録 ー> 表示オプション ー> サムネイルを除外する際の検索方法
  • 「一般的でない選択。-0x0のようなファイル名を検索する場合に有効ですが、低速です。 」をチェックしてください。

ファイルのアップロード場所はどこですか?

  • アップロードディレクトリは、次のいずれかの場所です。
  • シングルサイト wp-content/uploads
  • マルチサイト wp-content/uploads/sites/*

任意のフォルダにファイルを登録したいです。

  • Media from FTP 設定 -> 登録 -> 日付
  • 「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外してください。

ファイルのタイムスタンプとは無関係に「年月ベースのフォルダ」にファイルを登録したいです。

  • Media from FTP 設定 -> 登録 -> 日付
  • 「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外してください。

登録時にファイルが別のディレクトリに移動されます。

  • 「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の項目にチェックが入っていると、登録時にファイルを年月ベースのフォルダに移動します。同一ディレクトリで登録したい場合は、チェックをはずしてください。

オリジナルファイルが削除されます。

  • このプラグインは以下の場合にファイルを削除します。
  1. ファイル名にスペースが含まれている場合。スペースを「-」に変換してオリジナルファイルを削除します。image example.jpg -> image-example.jpg
  2. ファイル名にマルチバイト文字が含まれている場合。MD5変換を行いオリジナルファイルを削除します。image例.jpg -> 2edd9ad56212ce13a39f25b429b09012.jpg
  3. 「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の項目にチェックが入っていると、ファイルを年月ベースのフォルダにコピーし、オリジナルファイルを削除します。wp-content/uploads/sites/2/image-example.jpg -> wp-content/uploads/sites/2/2015/09/image-example.jpg
* ファイルをコピーした後に、サムネイルを作成しデータベースに登録します。

オリジナルファイルが削除され、末尾に8文字追加されたファイル名になります。

  • メディアライブラリ内に同じファイル名を見つけたときに、ファイル名の重複を避けるために、登録された時の日付と時刻、分、および秒を付加します。
  • image-example.jpg -> image-example03193845.jpg
  • 意味 -> 3日19時38分45秒

Fatal error: Maximum execution time of ** seconds exceeded というエラーが出ます。

  • Media from FTP 設定 ー> その他 ー> 実行時間
  • 秒数を増やしてください。

登録時に日付を変更したいです。

  • Media from FTP 設定 ー> 登録 ー> ファイルの日時を取得し、それに基づいて更新。必要に応じて変更。
  • チェックを入れてください。

Exif情報の日付で登録したいです。

  • Media from FTP 設定 ー> 登録 ー> ファイルの日時を取得し、それに基づいて更新。必要に応じて変更。Exif情報の日時がある場合に優先的に取得する。
  • チェックを入れてください。

検索&登録画面に必要のないファイルを非表示にしたいです。

  • Media from FTP 検索&登録 ー> 表示オプション ー> 除外ファイル
  • 除外ファイルを入力してください。正規表現を使用できます。

サムネイルなどの追加画像を作成したくないです。

  • それについてはWordPressの設定に準拠しています。
  • 設定 ー> メディア
  • 6つの値を全て0に変更してください。
  • テーマのfunctions.phpの’set_post_thumbnail_size’や’add_image_size’をコメントアウトしてください。

スクリーンショット